連発杯2008
 
以下は連発杯2008のルールです(終了)。
 
優勝(おくむらさん 総合91点)
 
僭越ですが、KEROKERO火器商会は以下の条件を満たした方が申し出られたら、「連発杯」と称し勝手ながら顕彰していきたいと思います。連発銃の射撃能力と製作技術の向上、あるいは連発銃の楽しみ方の一つになればと思います。該当者には優勝杯贈呈予定。連発銃の中で競いますので誰にでもチャンスはあると思います。
 
・3競技同一銃使用でゴム銃のページ3種目総得点ランキングに掲載されている記録であること。
・発射する前にゴムを装填するときは5発以上連続で行うこと。
・上記条件を満たした記録の中で年間最上位(連発銃の中でという意味)となること。
 
 
質疑応答
 
「上記条件を満たした記録の中で年間最上位となること」とは、「上記条件」を満たした上でさらに「3種目総得点ランキング全体での一位」という意味でしょうか。
 
そうではありません。「上記条件を満たした」記録の中でもっともましなものという意味です。極端な話、連発杯優勝者が3種目総得点ランキング全体のなかでは200位とかいうこともありえます。
 
競技の残り時間が少ない時や的が最後の一つでも5発装填が必須だと辛いですが、スタート時のみ5発装填ではいけないのでしょうか
 
装填するときはどんな場合でも5発以上連続装填が必要です。ただ、たとえば5発装填しようとして3発装填だけしたところで時間切れの場合は、本件については連発杯該当とします。また、装填時に残弾が5発以上になるまで装填すればいいのではありません。
例です(赤い所に問題ありです。5発に達していません)。
○ 5発装填→5発発射→時間切れ
○ 7発装填→1発発射→5発装填→11発発射→時間切れ
× 5発装填→5発発射→1発装填→1発発射→時間切れ
× 5発装填→1発発射→1発装填→1発発射→時間切れ
○ 5発装填→5発発射→3発装填→時間切れ(補足:発射していないので○)
 
3競技同一銃使用とは可変銃身や多銃身も否定するものですか。
 
可変銃身でも多銃身でも3種目総得点ランキングに掲載されるのでかまいませんが、部品交換による可変銃身や多銃身は同一銃使用という定義からはずれますので連発杯の対象になりません。
 
トップページへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system